トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

最近は

やっぱりウィキペディアはいろいろ見つかりますね。

かなりいっぱいあります

ちょっと紹介しときます。

株価指数先物取引
株価指数先物取引(かぶかしすうさきものとりひき)は株価指数の先物取引。<br/>日本では東京証券取引所と大阪証券取引所で取り扱われている。両証券取引所では3月、6月、9月、12月の限月のうち近いもの5つほどが取引されており、限月の第二金曜日の始値で差金決済が行われる。毎月、第二金曜日は株価指数オプション取引の決済も行われており、SQ算出日と呼ばれている。<br/>日経平均株価先物(大阪証券取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所、シンガポール取引所)<br/>日経株価指数300先物(同上)<br/>日経225mini(大阪証券取引所)<br/>東証株価指数先物<br/>金融かふかしすうさきものとりひき<br/>株式市場かふかしすうさきものとりひき<br/>...

面白いブログもありました

どうなる「日本シリーズと株価の関係」 中日優勝で下落 日ハムなら上昇 ...
27日に開幕するプロ野球の日本シリーズは、セ・リーグの中日とパ・リーグの日本ハムが激突するが、実は日本シリーズと株価には不思議な相関関係がある。その年の年末の日経平均株価が年初よりも下落した年はセのチームが日本一......

お役に立ちましたか?また探しておきます

私のBlog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システムトレード

関連項目としてネット上から記事を探してみました。

かなりいっぱいあります

ちょっと紹介しときます。

システムトレード
システムトレード(SystemTrade)とは、投資を行う際に売買ルールに従って売買を行う方法。<br/>略して「シストレ」と言う事も有る。<br/>投資判断を投資家個人の知識や技術といった裁量的なものではなく「指標Xがn値になったら買う・売る」など客観視できる数値や指標などの組み合わせで作成した売買ルールにより一貫して行う。<br/>(よって、必ずしもコンピュータなどで完全に自動売買されることを指すものではない)<br/>主なメリットは、感情的な投資判断を除去できること、作成した売買ルールを過去の株価データで検証して評価できること。<br/>主なデメリットは、過去に無い相場に遭遇したり、売買ルールが一般に浸透すると、効果が低下したり逆に損失を出すことがあること。<br/>...

良いブログもあったんです

日足でのシステムトレード
日足でのシステムトレードを作成しようと思っているのですがこの場合どれくらい前からの過去データでの検証がいいのでしょうか?よろしくお願いします。...

どうでしたでしょうか?じゃあまた紹介します

blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まただけど・・

ネットで勉強してたらウィキでいろいろ見つけました。

とてもたくさんあります

役に立つかわからないけど紹介します。

移動平均線
移動平均線(いどうへいきんせん)は、株価のテクニカル分析において使用される指標。<br/>移動平均線は、過去の一定期間の株価の平均値から求める。5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となる。テクニカル分析の指標としてもっとも基本的なものであり、多くの投資家によって用いられている。<br/>使用する期間は、人によって異なる。通常、日足チャートなら短期なら5日、中期なら25日、長期なら75日が、よく使われる。<br/>信号処理<br/>フィルタ<br/>株式市場いとうへいきんせん<br/>...

なかなか面白かったブログも紹介します

テクニカル・サポート(移動平均線・一目均衡・騰落レシオ・PER・EPS他)
25日移動平均線↓16525△0.375日移動平均線↓17471▲5.2100日移動平均線↓17484▲5.2200日移動平均線↑17274▲4.1■一目均衡表(日経平均株価指数)基準線16358転換線16161...

役に立ちましか?また探して紹介します

曇り空の朝には・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また探して

ネットを見回って勉強してたらウィキでいろいろ見つけました。

すごくたくさんあります

いろいろと紹介します。

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より:日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき)とは、とは、、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪証券取引所等に上場されている。日経225オプション取引と並んで、日本を代表するデリバティブ取引である。<br/>あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。<br/>原資産が日経平均株価という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。<br/>先物の買い方(売り方)は、満期日の原資産が約定価格を上回れば(下回れば)利益を得、下回れば(上回れば)損失となる。また、満期日まで待たなくとも途中相場の変動に応じて転売(買戻し)すれば損益を確定することができる。<br/>...

なかなか面白かったブログも紹介します

株で儲ける方法 10/12
大引けの日経平均株価は127円安の1万7331円と反落大引けの日経平均株価は127円81銭安の1万7331円17銭と4日ぶりに反落した。TOPIXは18.04ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は5.31円安と5日ぶりに反落した。...

どうだったですか?また探して紹介しますね

エクセレントな朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX 外国為替証拠金取引 外国株

ネットを見回って勉強してたらウィキでいろいろ見つけました。

すごくたくさんあります

いろいろと紹介します。

外国為替証拠金取引
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、小額の証拠金(取引額の数%~10%程度の額。保証金ともいう。)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。<br/>商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多い。<br/>本取引は、外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品。<br/>外貨預金・外貨建てマネー・マーケット・ファンドMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較した場合の特徴を挙げる。<br/>為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。<br/>...

良いブログも見つけました

FX 外国為替証拠金取引 外国株
日本株から外国株、為替、信用取引まで無料で便利なポートフォリオ付き...多くの外国為替証拠金取引(fx)業者が、口座開設プレゼントや取引額に応じた懸賞を展開しています。取引会社選びで迷ったら...(続きを読む)...

どうでした?それじゃぁまた紹介します

朝の始まり夜の終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株の勉強

これに関する記事をいくつか見つけましたので紹介します。

すごくたくさんあります

少しですが紹介します。

株式投資の用語一覧
『金融の用語一覧』より:金融の用語一覧では、金融についての用語を、ジャンル別に分類して列挙する。<br/>先物取引<br/>金融先物取引<br/>金利先物取引<br/>株価指数先物取引<br/>商品先物取引<br/>オプション取引<br/>裁定取引<br/>日経225オプション取引<br/>日経225先物取引<br/>電子商取引<br/>取引所<br/>金融機関<br/>金融庁<br/>信託会社<br/>...

このブログも良かったですね

タイムリーな株式売買情報Vol.133
野村のバーチャル株式投資倶楽部>http://www2.nomura.co.jp/vstock/VirtualServlet※仮想資金100万円からバーチャル取引スタート★(1日単位の終値での完全バーチャル取引です♪相場の感覚を掴むには良いと思います^^)<K-ZONETRADINGDERBY>...

役に立ちましか?また探して紹介します

[PR]一日は朝から・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後は

今日は行きつけの病院に診察に行って検診してもらいました。たいしたことないのですが病になっていてたまに病院に行かなくてはならないのですこし面倒です。けれども呼ばれるまでは仕事の本を読めるので待合室にいるのが退屈しない点がいいです。

仕事の勉強も適度に終わらせて、今日はこのあとみんなで出かけることになっています。このようなときに外に出るのもあれですが、少しくらいならよいでしょう。また明日、着実にやっていくようにしようと思います。来る日も来る日もただただ勉強しかしないというのもなんですから。

では後は残っている作業をやってしまおうかと思います。就寝前に体を動かすと疲れがよく取れるようになります。身も心も万全にして明日はさらに仕事の勉強に取り組んでいこうと思います。

[PR]朝起きてから・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相互リンク集

相互リンク集です。

アクセスアップ・無料

相互リンクの登録

住まいの情報

相互リンクで上位表示しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年11月 »